雑記

デュアルモニターで快適なPC作業を!ブログ運営にもおススメ!

更新日:

こんにちは、みやこす(@miyacos6)です。

 

突然ですが、みなさんはデスクトップとノート、どちらのPCをお使いでしょうか?

今はノートの方が主流なんですかね。

 

もしもあなたがデスクトップを使用していて、PCで作業をすることが多いのなら、「デュアルモニター(デュアルディスプレイ)」をおススメします。

 

  • デュアルモニターって何
  • デュアルモニターにするか考え中

 

こんな方はぜひご覧ください。

 

ネットで仕事(副業)をする場合、かなり効率よく、快適に作業ができるようになります!

デュアルモニター(デュアルディスプレイ)とは

デュアルモニター(デュアルディスプレイ)とは、1つのPCで2つのモニター(ディスプレイ)を使用することです。

 

また、2つ以上のモニターを使用することをマルチモニター(マルチディスプレイ)と呼んだりもします。

 

PCに詳しくない方だと、「そんなことできるの?」と疑問に思うかもしれません。

 

それができるんです。

 

実際に僕も、自宅のPCをデュアルモニターにしています。

デュアルモニターにするとこんな感じ

これがいつも自宅で使用しているPCのモニターです。

右のモニターは

  • メーカー:iiyama
  • サ イ ズ :23.8インチ
  • 解 像 度 :フルHD(1,980×1,080)

 

こちらを使用。

 

左のモニターは

  • メーカー:acer
  • サ イ ズ :31.5インチ
  • 解 像 度 :WQHD(2,560×1,440)

こちらを使用しています。

 

僕はメインモニターを右の23.8インチ

サブモニターを左の31.5インチにしています。

 

モニターを異なるサイズにしたのは、

  1. メインモニターは23.8インチで十分だった。(あまり大きくしすぎると目線の移動が増えて大変)
  2. 一方で動画(youtube・hulu等)は大画面で楽しみたかった。

という理由からです。

 

「サイズが違うと違和感があるのでは?」と不安になるかもしれません。

実際に僕も、同じサイズにするべきかかなり迷いました。

でも使ってみると、意外と普通に使えますよ!

 

ブログを書くときは、

  • メインモニターでWordPressを開く
  • サブモニターの右半分で情報収集・調べもの
  • サブモニターの左半分で画像の編集・確認

という風に使用しています。

デュアルモニターのメリット

それぞれのモニターで別の作業ができる

先ほども申し上げましたが、ブログを書くときは

  • 右のモニターで記事執筆
  • 左のモニターで情報収集・画像編集等

という風に使用しています。

 

これらの作業を同時に進めることができるので、効率も非常に良くなります。

画面を切り替えなくても良い

モニターが1つの場合は

  • ブラウザのタブを切り替えながら

だったり、

  • 画像編集の時はブラウザを最小化して

という風に使用しますよね?

 

そうすると、

「あれ?さっきなんて書いてあったっけ?」

とか

「これは何が正しいんだっけ?」

とか思ったときにいちいち画面を切り替える必要があります

 

でもデュアルモニターならそれぞれの画面は開きっ放し

必要な情報を常に確認しながら作業ができます。

 

これで不要なストレスともおさらばです!

デュアルモニターのデメリット

もちろんデュアルモニターにすることのデメリットもあります。

モニターを配置するスペースが必要

モニターを2台必要とするので、当然これを配置するスペースを確保しなければなりません。

大画面のモニターを使いたい場合、そこそこのスペースが必要になります。

 

僕の場合、左のモニターの左端が本棚の前にまで進出しています…(笑)。

ベゼルが邪魔になる可能性がある

ベゼルとは、モニター画面端の黒い縁(ふち)の部分のことです。

 

モニターを2台使用するので、画面の間にはそれぞれのモニターのベゼルが入ります。

画面を跨ぐとこんな感じになります。

 

しかし、そもそも画面を跨いだ状態で使用することがない(全画面でゲームをする方は除きます)ので、そこまで気にする必要はありません。

 

どうしても気になる方は、「ベゼルレス」というモニターの縁がほとんどないものを使用することで軽減可能です。

(右のメインモニターはベゼルがかなり狭いタイプのものですね。)

デュアルモニタに必要なもの

ここまで読んでデュアルモニターに興味を持たれた方。

デュアルモニターを導入するためにはこれが必要です。

モニター2台

デュアルモニターですから当然ですね。

 

同じモニターを2つ揃えても良いですし、用途によって異なるものを選んでも良いです。

複数の映像出力が可能なマザーボード or グラフィックボード

デュアルモニターにするためには、PC本体の映像出力が対応していなければなりません。

 

  • グラフィックボードを搭載していなければマザーボードから
  • グラフィックボードを搭載していればグラフィックボードから

映像を出力をします。

詳しくは説明書等で確認してみてください。

ちなみに、ゲーム用途でない市販のPCであれば、ほぼマザーボードからの出力と考えて良いでしょう。

 

映像出力端子には様々な種類がありますが、最近では

  • HDMI端子
  • Display Port

の2つが主流になっています。

 

「HDMI端子×2」でも「Display Port×2」でも大丈夫ですし、「HDMI端子×1・Display Port×1」でも構いません(モニター側もそれぞれの端子に対応していることが必要です)。

 

ご自身のPCの端子を確認してみましょう。

各種ケーブル

PC本体とモニターを接続するためのケーブルも必要です。

 

モニターに同梱されている場合もありますが、別売りになっている場合もあります

モニターを購入する際は、付属品にも注意をしましょう。

 

  • HDMIケーブル

  • Displayportケーブル

モニターアームを使ってみよう

デュアルモニターにする際にもう1つおススメしたいもの。

それが「モニターアーム」です。

この画像を見て頂くとわかりますが、モニターを支える土台がありません。

 

これはモニターアームを使っているからなんですね。

 

モニターの後ろはこんな感じ。

 

 

モニターアームは、

  • モニターの位置を自由に調整できる
  • モニターの高さも調整できる
  • モニターの角度も調整できる
  • モニターを縦向きに回転することもできる

という優れものです。

 

モニターをアームで支えるので、モニターの下の部分が非常にすっきりしていますね。

これによりスペースを有効活用することもできます。

これは固定部分をしたから見たものです。

 

机の天板を挟み込んで固定するため、

「机の形状(挟みこむ部分の奥行きが十分にない等)によっては使用できない場合がある」

ことには注意しましょう。

まとめ デュアルモニター+モニターアームで快適なPC作業を

いかがでしたか?

 

PCをデュアルモニターにすることで、PC作業の効率は格段に良くなります。

いちいち画面を切り替えなくてもよいというのは、思っている以上に使い勝手が良いものです。

 

これにモニターアームを組み合わせることで、デスクもすっきり。

気持ち良く作業ができます。

 

ブログ記事の執筆も捗ること間違いなしですね!

 

 

  • この記事を書いた人

みやこす

30代既婚。現役銀行員。 ブログ運営の経験なし、知識なし、スキルなし。 趣味はポケモンと筋トレと歌うこと。 こんな僕がブログで稼げるのか実践中。

-雑記

Copyright© みやこすのブログ~社畜でもネット副業で稼げるの?~ , 2019 All Rights Reserved.