トレーニング

【もう悩まない】筋トレするなら自宅?ジム?

更新日:

こんにちは、みやこす(@miyacos6)です。

 

さて、今回はトレーニングの記事です。

僕は筋トレが趣味でして、2015年の8月から現時点で3年4ヵ月ほど近所のスポーツジムに通っております。

  • さて、筋トレをする目的って色々ありますよね?
  • 細マッチョを目指したい
  • ボディビルダーのような大きな筋肉を作りたい
  • 気になる部分を引き締めたい
  • ダイエットのために

 

などなど、人によって様々だと思います。

 

目的が様々なら、トレーニングの手法も人によって違います。

自宅でのトレーニングとジムでのトレーニング。自分に合ったトレーニング方法を見つけましょう!

自宅でトレーニング

自宅でトレーニングをする最大の利点は、手軽さですね。

 

いつでも好きな時間に、外に出ずトレーニングができる。

これほど気軽なものはないです。

【筋トレ入門】自宅筋トレ定番アイテム9選!

こんにちは、みやこす(@miyacos6)です。   自宅でトレーニングしてるけど、 何かしっくりこない… もう少し効果的なトレーニングがしたい… なんて悩みはありませんか?   ...

続きを見る

自重トレーニング

自重とは、その名の通り自分の重さのことです。

道具を使わず、自分の体の重さを利用して筋肉に負荷をかけていく方法です。

腕立て伏せ(プッシュアップ)や腹筋(シットアップ・レッグレイズ・クランチ等)、懸垂、バックエクステンション等が自重トレーニングにあたります。

 

自宅での自重トレーニングはなんといっても

ココがおすすめ

お金が掛からない

ことが魅力ですね。

使うのは自分の体だけですから。

 

ただ懸垂なんかをやろうと思うと「ぶら下がっても大丈夫な場所」が必要になります。僕は今になって「自宅にぶら下がれる場所を作っておけば良かったな…」なんて後悔したりしています。

一方で、

ココがダメ

一定以上の負荷をかけにくい

のが難点です。

 

ちょっと体を引き締めたい

なんて方にはおススメですね。

ウェイト

自宅でダンベル等の簡単な器具を使ってトレーニングをする方法です。

ダンベル等のウェイトを用いることで、自重以上の負荷をかけることができます。

ココがおすすめ

家でも気軽に自重以上の負荷をかけることができる

ので、

「自宅で少し本格的にトレーニングをしたい」

なんて方にもおススメです!

 

一方で、

ココがダメ

器具を購入するのにお金がかかる
器具の重量に限界がある

なんてところが難点ですね。

 

細マッチョレベルであれば、十分狙えるのではないでしょうか?

マシン

いっそのこと自宅に本格的なトレーニングマシンを置いてしまうのも手です。

 

なんといっても、

ココがおすすめ

家にいながら本格的なトレーニングができる

のが魅力ですね。

 

ネットショッピング等を見てもわかりますが、安いものだと数万円。

高いものでも10~20万円程度で購入することができます。

 

「高い」と思うかもしれませんが、ジムに何年も通うとこれ以上の会費を支払うことになりますから。

長期的に考えるとコスパは悪くありません。

 

ただやはり、

ココがダメ

初期費用が結構掛かる

家の中に置き場所を確保しなければならない

引っ越しの時に大変

途中でやめるとお金が無駄になってしまう

等、デメリットも多めです。

 

デメリットが気にならないのであればおススメですね!

スポーツジムでトレーニング

スポーツジムの良いところは、なんといっても設備が整っているところですね。

 

各部位のトレーニングマシン、スタジオプログラム、ランニングマシン、プール等、自分のやりたいようにトレーニングできます。

負荷も自由に調節できますので、目的に合った重さを自由に設定できます。

 

また、同じ目的を持っている人も多いので、そういった方と交流できるのも魅力ですね。(僕は極度の人見知りなので声はかけられませんが…)

本格的なトレーニングで、筋トレ、ダイエットなど、目的に合わせたトレーニングができますよ!

公営ジム

公営ジムは、地方自治体が運営しているジムです。

ジムの中では

ココがおすすめ

利用料が安い

のが魅力です。

 

僕の住んでいる市では、1回300円で利用できます。

週に2回利用するとしても、

300円×2回×4週=2,400円

1ヵ月2,400円です。

 

一方で、

ココがダメ

設備の数などが充実していない可能性がある

利用時間が短い(夜9時半ごろまで)

などが難点ですね。

民営スポーツクラブ

「ジム」と聞いて一般的に思い浮かぶのはこれではないでしょうか?

ココがおすすめ

多種多様なマシンがある

スタジオプログラム、プール等が利用できる

わからないことはスタッフに聞くことができる

オプションで個人レッスンも受けられる

同じ目的を持った人が多いので刺激を受けられ、モチベーションを維持できる

等、メリットも非常に多いです。

 

筋トレだけでなく有酸素運動もできますので、体を引き締めるのにも効果的ですね。

 

当然ですが、

ココがダメ

会費が発生

します。

 

会費については、月に1万円前後というところが多いのではないでしょうか。

僕が通っているジムも、月に1万円の会費です。

 

設備も綺麗なところが多いですし、性別・年代関係なくおススメです!

パーソナルジム

会員1人1人にトレーナーが付き、マンツーマンで指導を受けられるジムです。某・結果にコミットするジムなんかも有名ですよね?

ココがおすすめ

トレーナに個別指導してもらえる

自分に合ったメニューを決めてもらえる

常に効果的なトレーニングができる

等、本格的にトレーニングするのであればとても魅力的な内容になっています。

筋肉を大きくするだけではなく、ダイエット等いろいろな目的に合わせたメニューも組んでもらえますね。

 

一方で。ご存じのように

ココがダメ

費用が高い

です。

「何回コース」というふうに決められているのが一般的ですが、一回あたり1万円以上になることも多いです。

また、入会金も数万円かかります。

 

これだけ聞くと「高い」と思うかもしれませんが、そのぶん効果は絶大ですからね。

 

「絶対に結果を出したい!」

なんて方にはおススメです。

まとめ

トレーニングの方法もいろいろありますね。

 

まずは自宅から始めて、物足りなくなったらジムへ、といった流れでもいいと思います。

ご自身に合ったトレーニング方法を見つけて、素敵なトレーニングライフを送りましょう!

  • この記事を書いた人

みやこす

30代既婚。現役銀行員。 ブログ運営の経験なし、知識なし、スキルなし。 趣味はポケモンと筋トレと歌うこと。 こんな僕がブログで稼げるのか実践中。

-トレーニング
-

Copyright© みやこすのブログ~社畜でもネット副業で稼げるの?~ , 2019 All Rights Reserved.