【任天堂】著作物に関するガイドラインの内容を確認【著作権】

雑記

こんにちは、みやこすです。

さて、2018年11月29日に任天堂から

ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン

が発表されました。

「ポケモンの記事が書きたいな~」なんて思っている僕には、非常に気になる内容です。

ですので、自分自身のためにも一度内容について確認しておきます。

※みやこすは法律の専門家ではありません。この記事の内容は、あくまでもみやこす自身が読み取った内容であり、任天堂の意図するものとは相違する可能性があります。

ガイドラインの内容

ネットワークサービスにおける任天堂の著作物に関するガイドライン』とは、任天堂が著作権を持つゲームの画像・動画の投稿に関し、任天堂が発表したガイドラインです。

 任天堂は、個人であるお客様が、任天堂が著作権を有するゲームからキャプチャーした映像およびスクリーンショット(以下「任天堂のゲーム著作物」といいます)を利用した動画や静止画等を、適切な動画や静止画の共有サイトに投稿(実況を含む)することおよび別途指定するシステムにより収益化することに対して、著作権侵害を主張いたしません。ただし、その投稿に際しては、このガイドラインに従っていただく必要があります。あらかじめご了承ください。

引用元:ネットワークサービスにおける任天堂の著作物に関するガイドライン

  • 個人であれば、任天堂のゲーム画像・動画を動画・静止画の共有サイトに投稿しても良いですよ。
  • そのことについては、任天堂は著作権侵害を主張しませんよ。

という内容ですね。

注意する内容

しかし、このガイドラインが発表されたからといって「なんでもかんでもネットに投稿できる」というわけでもなさそうです。

「個人」に限る

このガイドラインが適用されるのは「個人」のみです。「法人」は対象外です。

 

営利を目的としない場合に限る

ゲーム画像や動画を使用して「収入を得る」ことを目的としてはいけません。

 

「適切な動画や静止画の共有サイトへの投稿」とは

Q&Aの回答では、

多くの方が一般的に利用されている動画や静止画の共有サイト、例えば YouTube や Twitter、ニコニコ動画等を想定しています。

引用元:ネットワークサービスにおける任天堂の著作物に関するガイドライン

とされています。

画像・動画をブログに投稿することについては言及されていません。

 

「別途指定するシステムにより収益化する」とは

これもQ&Aにて下記のように回答されています。

現時点において、このガイドラインにおいて投稿を収益化することができる「別途指定するシステム」とは、以下のものをいいます。

  • Facebookの「Facebook Game Streamer」および「Facebook Level Up Program」
  • ニコニコ動画/生放送の「クリエイター奨励プログラム」および「ニコニコチャンネル」
  • OPENREC.tvの「OPENREC Creators Program」
  • Twitchの「Twitchアフィリエイトプログラム」および「Twitchパートナープログラム」
  • Twitterの「Amplify Publisher Program」
  • YouTubeの「YouTubeパートナープログラム」

※随時更新されます。

引用元:ネットワークサービスにおける任天堂の著作物に関するガイドライン

こちらもブログについては記載されていませんね。

スポンサーリンク

投稿していいもの

以上を踏まえると、利用の対象はこのようなものになりそうです。

YouTube、ニコニコ動画等への実況動画等の投稿
ガイドラインに明確に記載されていますね。
収益化することができる「指定するプログラム」にも明記されています。
Twitterへの画像・動画の投稿
こちらもガイドラインに明記されており、投稿は可能です。
ブログについては言及されていないので、
ブログへ投稿する場合は「引用のルール」に基づくのが確実
ですね。
ちなみに、

任天堂は、このガイドラインおよびQ&Aに関する個別のお問い合わせにはお答えいたしません。ご了承ください。

引用元:ネットワークサービスにおける任天堂の著作物に関するガイドライン

とのことです。

著作権侵害を「主張しない」だけである

そもそも、著作権侵害を「主張しない」だけであって、著作権自体は引き続き任天堂が保有しています。

「著作権侵害を主張しない」だけであって、「著作権で保護」されているのは今までと変わりません。

まとめ

ガイドラインが発表されたからといって、ネットへの投稿すべてが許可されるものではありません。

内容を理解し、慎重に対応することが必要ですね。

利用可能な範囲を把握し、誤った使用をしないように注意しましょう

コメント