ブログの作成なら有料がおススメ!無料ブログとの比較

ブログ運営

こんにちは、みやこすです。

いざ「ブログを始めよう!」と思っても、無料ブログではじめるか、お金をかけて始めるか…

まずは最初の悩みどころですよね?

結論から言うと、

収益化を目指すなら有料ブログです。

この記事で、無料ブログと有料ブログの違いについて見ていきましょう!

無料ブログと有料ブログとの比較

当記事では、

※無料ブログ=はてなブログ、アメーバブログ等のブログサービス

※有料ブログ=WordPress

を前提として書いております。

有料ブログ 無料ブログ
費用 かかる かからない
アドセンス 利用可 利用不可
アフィリエイト 制限なし 制限あり
運営会社の広告 なし あり
ブログの所有者 あなた自身 運営会社
自由度 高い 低い
SEO 有利 不利
初期のアクセス数 増えにくい 増えやすい

簡単に表にするとこのようになりますね。

一目見ただけでも、有料ブログの方がメリットが多いのがわかります。

では気になるポイントについて、1つずつ見ていきましょう。

費用

名前からしてもわかりますが、

有料ブログ運営には費用がかかり、無料ブログ運営には費用がかかりません。

しかし有料ブログで費用がかかるといっても月に1,000~2,000円程度ですから、それほど負担にはなりません。

むしろ収益化の期待度からすれば、十分元は取れる金額です。

AdSenseの利用

アドセンスを利用するには、「独自ドメイン」を取得する必要があります。

この独自ドメインは取得するのに費用がかかりますし、長く使っていると更新費用も必要になります。

つまり、無料ブログではアドセンスを利用することができないということです。

ブログを収益化するうえで、アドセンスを利用できないのは致命的と言えるでしょう。

アフィリエイトの利用

これは無料ブログの運営会社にもよりますが、アフィリエイトの利用を制限される可能性があります。

アフィリエイトもブログ収益化のための重要な手法ですから、利用を制限されるのは大きなマイナスですね。

運営会社の広告

無料ブログを利用していると、運営会社が掲載している広告が表示されます。

これではせっかくブログに広告を掲載して収益を得ようとしても、運営会社の広告に邪魔をされてしまうことになります?

ブログ所有者

無料ブログはブログ運営の場所を借りているだけであり、ブログの所有者はあくまでも運営会社です。

これは非常に大きな問題で、

  • サービス終了のリスク
  • 記事削除(アカウント停止)のリスク

が常に付きまといます。

「記事を書くことで長期的な収入が期待できる」のがブログ運営のメリットでもあります。

しかし、無料ブログでは「せっかくたくさん記事を書いてきたのにサービスが終了してすべてが水の泡…

なんてことにもなりかねません。

無料ブログを利用するのであれば、これを覚悟しておく必要があります。

デザインの自由度

無料ブログではカスタマイズが制限されるのに対し、有料ブログではコンテンツの配置、配色、総合的なデザインを自由に決めることができます。

ブログを運営するうえでデザインは他社との差別化に直結しますし、記事の見やすさにもつながりますね。

自分好みにカスタマイズすることで愛着が深まり、ブログ継続のモチベーションもアップします。

SEO

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のことで、GoogleやYahoo!等の検索エンジンで上位に表示されるようにすることです。

検索エンジンの上位に表示されれば、必然的にブログへ訪れる人数も増加していきます。

そのため、ブログを運営する上では非常に重要な項目ですね。

そしてこれは独自ドメインを使用する有料ブログの方が有利とされており、有料ブログを選択する大きなポイントの1つであると言えます。

アクセス数

無料ブログには独自のランキングコミュニティがあるため、ブログ運営開始当初は有料ブログに比べてアクセスを獲得しやすいです。

しかし長期的に見ればSEOに優れた有料ブログの方が検索流入が増加しますから、そこまで大きな問題ではありません。

「せっかく記事を書いたのに誰にも読んでもらえない…」

とモチベーションが下がってしまう方は、無料ブログの検討してみても良いかもしれません。

まとめ

無料ブログはお金をかけずに運営できることが魅力ですが、収益化を目指すうえで非常に多くのデメリットがあります。

ブログで収益を獲得することが目的なら、有料ブログが断然おススメです!

 

当ブログも有料ブログであるWordPressを使用しております。

ドメイン取得はこちら → お名前.com

レンタルサーバーはこちら → エックスサーバー

コメント