【USUM】ポケモンバトルで役立つ計算まとめ【ステータス・HP調整・火力・耐久・ダメージ】

ポケモン

こんにちは、みやこすです。

ポケモンバトルをやっていると、

「このポケモンのステータスってどのくらいだろう?」

「大体どれぐらいのダメージが入るんだろう?」

って思うことがありますよね?

今回はポケモンバトルをする上で覚えておいたほうが良い計算式のまとめです。

僕自身もよくわからなくなるので、再確認の意味でも記事に起こしておこうと思います。

ステータス計算

ステータスの実数値を算出する計算式です。

【HP(H)】

(種族値×2+個体値+努力値÷4)×レベル÷100+レベル+10
【レベル50の場合】種族値+個体値/2+努力値/8+60
【レベル50・個体値31・努力値252の場合】種族値+15+32+60=種族値+107

【レベル50の時】

個体値 努力値 計算式
31 252 種族値+107
31 0 種族値+75
0 0 種族値+60

種族値100・個体値31・努力値252であれば、

種族値100+107=207

が実数値となります。

 

【こうげき(A)、ぼうぎょ(B)、とくこう(C)、とくぼう(D)、すばやさ(S)】

{(種族値×2+個体値+努力値÷4)×レベル÷100+5}×性格補正(1.1 or 1.0 or 0.9)
【レベル50の場合】(種族値+個体値/2+努力値/8+5)×性格補正
【レベル50・個体値31・努力値252・性格上昇補正(いわゆる特化)の場合】(種族値+15+32+5)×1.1=(種族値+52)×1.1
【レベル50の時】
個体値 努力値 性格補正 計算式
31 252 上昇補正 (種族値+52)×1.1
31 252 補正なし 種族値+52
31 0 補正なし 種族値+20
0 0 下降補正 (種族値+5)×0.9

レベル50・種族値130・個体値31・努力値252・性格上昇補正であれば、

(130+52)×1.1=200(小数点以下切り捨て)

が実数値となります。

HP調整

固定ダメージ、回復量等を意識する場合のHP調整です。

HP量 内容
2n はらだいこでオボンの実発動
はらだいこ+特性「くいしんぼう」で木の実発動
2n+1 自己再生等の回復量最大
4倍ステロを2回耐える
とびひざげり等の失敗反動を2回耐える
3n 特性「再生力」の回復量最大
4n みがわり3回で木の実発動
4n+1 みがわり4回で残りHP1
6n-1 1/6ダメージ(ゴツメ等)最小
8n-1 1/8ダメージ(ステロ・さめはだ・やどりぎ等)最小
8n ポイズンヒールの回復量最大
8n+1~+3 ポイズンヒールの回復2回でみがわり1回分のHPを回復
10n-1 いのちのたまダメージ最小
16n-1 1/16ダメージ(天候・やけど等)最小
16n 食べ残し等の回復量最大
16n+1 奇数HPで食べ残し等の回復量最大
16n+1~+3 食べ残し等の回復4回でみがわり1回分のHPを回復
50n+1 地球投げ等のダメージをより多く耐える
205以上 地球投げ等のダメージをみがわりが1回耐える

火力指数

そのポケモンの攻撃が、どれぐらいの威力を持っているかを測る指数です。

【物理技】

こうげき実数値】×【技威力】×【タイプ一致補正】×【ランク補正】×【持ち物補正】×【特性補正】×【天候補正】×(ダブルバトルの場合【全体攻撃補正】)

【特殊技】

とくこう実数値】×【技威力】×【タイプ一致補正】×【ランク補正】×【持ち物補正】×【特性補正】×【天候補正】×(ダブルバトルの場合【全体攻撃補正】)
高いほど高火力、低いほど低火力です。
例えば「A特化ランドロス(A種族値145)の地震」であれば、
C実数値216{(種族値145+52)×1.1}×技威力100×タイプ一致補正1.5=32,400
が火力指数となります。

耐久指数

そのポケモンが、どれぐらいの耐久力を持っているかを測る指数です。

【物理技】

ぼうぎょ実数値】×【HP実数値】

【特殊技】

とくぼう実数値】×【HP実数値】
火力指数よりもだいぶシンプルですね。
高いほど高耐久、低いほど低耐久です。
例えば「無振テテフの物理耐久」は、
B実数値95(種族値75+20)×H実数値145(種族値70+75)=13,775
となります。

簡易ダメージ計算

上記の火力指数・耐久指数を利用して、

「最大HPの何%のダメージが入るか」

を簡易的に計算することができます。

【ダメージ計算式】

(火力指数÷耐久指数×44+2)×乱数(0.85~1.00)
上記のランドロスの地震(火力指数32,400)がカプ・テテフ(耐久指数13,775)に与えることができるダメージは、
(32,400÷13,775×44+2)×乱数(0.85~1.00)≒89~105
であり、およそ89~105%のダメージになると計算できます。

まとめ

以上、覚えておくと便利な計算式一覧でした。
「そのポケモンでギリギリ耐えられる火力指数」
「そのポケモンでギリギリ倒せる耐久指数」
を把握しておくことで、「交代するべきか否か」を判断する基準になりますし、
相手の持ち物を推察することも可能です。
是非ポケモンバトルに役立ててください!

コメント